1937年

校旗

昭和12年には、校旗・校章が制定され、制服が定められ。校歌もできた。

校章は「物は牛を以て代表す」という字の源より

「牛」の象形文字を以つて「物」の字を表し、これに「理」の字を配して

「物理」の字義を象徴せしめた。

校旗は、地色の上半部は淡藍色、下半部は赤紫色とし「天と地」を表した。

投稿者:東京理科大学 管理者

校旗