1946年

終戦直後の物理学校校舎

戦後、教育制度の変化とともに、本校も大きな変わり方をした。

専門学校としての東京物理学校は早晩廃止の運命にあるも、生きている限りは

最善を尽くさなければならない。それとともに新しい大学に移るべき準備も必要だ。

学校も同窓会も心を一つにして立上った。中止されていた同窓会報を再刊したのも

数学教育研究会を復活したのも終戦の翌年昭和21年のことであった。

学校は教育の立て直しとともに校舎拡張の努力をはじめた。

投稿者:東京理科大学 管理者

終戦直後の物理学校校舎